カニハゼが到着しました! 開封・水合わせの様子

餌付け難易度が高く、長期飼育が難しいと知りつつも、
飼育に挑戦してみることにしてみたカニハゼ。

AQUAFIRSTで通販購入したカニハゼ

注文しておいたカニハゼ君が到着したので、
開封と水合わせ時の様子をご紹介します。

 

今回カニハゼを購入したのはこちらのショップ。

AQUAFIRST(アクアファースト)楽天市場店さんです。

 

これまで利用した事は無かったのですが、
丁寧な対応と梱包で評判のお店の様ですね。

通販で購入可能なカニハゼの在庫を調べていて辿りつきました。

品ぞろえも少しマニアックな生体が多くて、
種類によっては「えっ?」という安値で売られていたりします。
定期的にチェックしたいお店リストに追加決定^^

 

「お問い合わせはお気軽に」とのことだったので、
カニハゼを注文する前に電話して色々聞いてみました。

 

今いる生体のサイズや入荷時期、
生体の状態などに付いて質問してみましたが、
一つ一つ丁寧に答えてくれましたよ。

普通のショップさんならあまり言わないであろう、
注文すべきかどうかを考えてしまうような情報まで、
しっかり教えてくれたので、逆に信用できるなーと思いました。

 

商売なのはわかりますけど、
いい事しか言わないショップって、
大抵リピートしたくなくなりますもんね。

 

今回のカニハゼは、
生体の状態に不安要素がある事を納得した上で、
注文してみようと思った次第です。

 

カニハゼ 開封時の様子

 

それではカニハゼ君の開封時の様子です。

運送会社はヤマト運輸さん。
翌日の午前中着を指定してきっちり届きました。

AQUAFIRSTで通販購入したカニハゼ

カニハゼ1匹だけの注文だったのに、
35cm × 30cm × 55cm ぐらいの大型段ボールで届いた事にびっくり。
でかい・・・。

AQUAFIRST(アクアファースト)さんの生体梱包

中には段ボールとほぼ同じ大きさの
発泡スチロールケースが入っていました。

カニハゼ開封 保冷剤

空けてみると出てきたのはお約束の保冷剤。
コチラも大きめで、ケースの中は十分冷えていました。

カニハゼ開封 発泡スチロールケース

2重のビニール袋でしっかり断水処理されていた新聞紙を開いてみると、
大きめのビニール袋で丁寧にパッキングされた生体入り袋が出てきました。

アクアファーストのカニハゼとご対面

スキマは新聞紙を上手に使ってきっちり埋めてありました。
揺れを最小限に留められるようにという配慮なのでしょう。

敷き詰められた新聞紙をそーっと外して、
ビニール袋をゆっくり持ちあげてみると・・・

丁寧にパッキングされたカニハゼ

いました! カニハゼ君です!
袋の底にちょこんと座っています。カワイイ^^

・・・しかし、殆ど動きませんでした。
緊張しているのかなー? 長旅お疲れさま。

 

カニハゼの温度合わせ

 

丁寧な梱包とパッキングのおかげで、
殆ど温度合わせが要らないぐらいの温度に保たれていましたが、
カニハゼはストレスに非常に弱いそうなのできっちり温度合わせ。

カニハゼ 温度合わせ

水槽と同じ26度に調整した海水を入りのクーラーボックスを使って
20分ほど温度合わせをしました。

水合わせ後に水温を測ってみると25度になっていたので、
24~25度の状態で輸送されてきたようです。

 

カニハゼ 水合わせの様子

 

次に水合わせ時の様子です。
丁寧にパッキングされたビニール袋を開封します。

カニハゼ ビニール袋開封1

カニハゼ ビニール袋開封2

梱包は3重になっていて、
外側に2枚のビニールできっちり断水されていました。

袋も申し訳ないほど大きいもので、
カニハゼ1匹に対して6Lの海水がたっぷりと入っていましたよ。

 

・・・うーん、全てが完璧すぎるパッキングだわ。
生体の安全を第一に考えられてる気がする。
ちょっとしびれました。 

 

カニハゼ君をそーっとバケツに移しました。

カニハゼ 水合わせ

体長は4cmほど。 スレや傷は一つもなく綺麗な個体でした。

しかし、全くと言ってよいほど動きません。
手で簡単にすくってしまえるぐらい。大丈夫だろうか?

 

水合わせは弱めのエアレーションをしながら行いました。

 

6Lの元水を2Lまで減らしてから水槽の水を点滴で注入。
3Lになったら2Lまで減らして再度点滴を4回繰り返しました。

 

水合わせをしていると、
さっきまで全く動かなかったカニハゼが
徐々に泳ぐようになってきました。

そして40分を過ぎた頃から活発に泳ぐようになってきました。
水合わせ中の様子を動画を撮ってみたのでご覧ください。

 

 

中々元気に泳いでいますね。

輸送のストレスだったのか、緊張して擬態していたのか。
やばいかなー?と覚悟していましたがちょっとだけ安心しました^^

 

水合わせは1時間以上かけてゆっくりと行いました。

泳ぎが活発になったのを見計らって、
粒餌を少し入れてみたんですが、
全くと言ってよいほど関心を示しませんでした。

 

・・・むむむ。これは手ごわそう。
覚悟はしていましたが不安がよぎります。

 

以上、カニハゼの開封と水合わせ時の様子でした。

 

長くなってしまったので
水槽導入時の様子は別記事にしますね。

 

 

↓↓↓ 参加してます。 ぽちっとして頂けると励みになります^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

スポンサードリンク

コメントを残す