マメスナにアイプタシアXは駄目でした(汗

久しぶりに我が家の水槽に、
カーリー(セイタカイソギンチャク)が出現しました。

カーリー

 

トサカの根元付近に怪しげに揺らめくカーリー(汗

 

どうも先日購入した
ヤワタコアシカタトサカの土台ライブロックに
紛れ込んでいたようです。

 

・・・そしてもう一つが厄介な所に。

マメスナギンチャクに付いたカーリー

なんと、マメスナのポリプの間に出現してしまいました(汗

 

画像の赤丸が付いている場所です(クリックで拡大可能)。

 

5mm程度のミニマムサイズのカーリーですが、
中々強い毒性を持っているようで、
周辺のポリプがカーリーを避けてめくれていますね。

カーリーVSマメスナだと、
カーリーの毒性の方が強いみたいです。

 

早めに駆除しておかないと、
大きくなったり増殖して痛い目を見るので、
いつものようにカーリー駆除剤のアイプタシアXを使いました。

 

参考記事 → カーリーをアイプタシアXで駆除してみました

 

このタイプのカーリーはアイプタシアXでサクッと駆除できます^^

 

トサカの根元に付いていたカーリーは、
目論見通りサクッと消滅させられたのですが、、
マメスナギンチャクに付いた奴が厄介でした。

 

ポリプに薬剤が付かない様に、
細心の注意を払っていたんですけど、
あまりにもカーリーが小さすぎて薬剤が溢れちゃいました(汗

 

・・・で、
マメスナのポリプに薬剤がどばっと (_ _|||)

 

これはやばいと思って、
速攻ピペットで薬剤を吸い上げたんですが、
やっぱりダメージが出てしまった。

 

↓↓↓ カーリー駆除から2日目のマメスナ

アイプタシアXでダメージを受けたマメスナギンチャク

一応溶けてはいない様ですが、
アイプタシアXがこぼれた場所のポリプが開きません。

 

しかも右端にあるボタンポリプの触手は、
一部溶けてしまっています(汗

 

・・・うーん。
少し日にちがたてば回復してくれそうですが。。

 

マメスナギンチャクは、
どちらかというとイソギンチャクに近い種類らしいので、
アイプタシアXの直撃はやっぱり駄目なんですね。

 

皆さまも
アイプタシアXでカーリーを駆除する際には、
ご注意ください m(__)m

 

 

↓↓↓ 参加してます。 ぽちっとして頂けると励みになります^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

スポンサードリンク

コメントを残す