白点病 隔離治療2日目

カクレクマノミの白点病隔離治療2日目の様子です。

カクレクマノミ 白点病治療

 

昨夜から、
低比重グリーンFゴールド顆粒連続換水を組み合わせた
白点病の隔離治療を開始しています。

 

→ 白点病再発!隔離治療に切り替えました

 

朝、治療ケースの遮光カバーを外してみると、
イワさんがヒーターと床の間に挟まって横たわっていました。

 

一瞬ドキッとしましたが、
良く見るとエラは動いていたので、
エアレーションを少し強くしてみました。

 

するとむくっと起き上がり、
あくびをしてヒレを伸ばした後に、
体の調子を確かめるようにくねくねと泳ぎ始めた。

良く見かけるカクレクマノミの朝の様子。

 

・・・どうやら爆睡していたみたいです(汗

 

こんな寝姿は初めてみました。
昨日は暴れまくっていたので疲れていたのかな?

 

朝はのんびり泳いでいましたが、
まだまだ興奮状態は収まっていない様子。

 

今日も治療ケースの中を泳ぎまくっていました。
この様子だと、落ち着くまで4~5日はかかるかもしれません。

電池切れを起こさない事を祈るばかりです。

 

ちなみに今日は、白点が1つも出ていませんでした。

DSC_0847

DSC_0864

びゅんびゅん泳ぎまくっているのでピンボケ写真しか撮れません(汗。

 

昨日白点が離れたところなので何とも言えませんが、
なんだか本水槽にいた時より調子が良くなっている気がします。

 

全換水は夜9時過ぎに行いました。

 

大きめのカップにイワさんを誘導して確保した後、
風呂場に機材を持っていって、
熱めのシャワーをガンガン当てて念入りに洗浄。

 

治療ケースに新しい海水を入れてヒーターとエアレーションをかけて、
温度を同じにした後に戻しました。

 

治療ケースが小さい分、それほど手間はかかりませんね。
事前に海水を作っておけば20分も掛りません。

 

・・・ただ、飛び出しには注意しないと。
この治療法で事故が起きるとしたら換水の時だな~、と思いました。

 

ここ数日で急激に涼しくなってきたので本当に助かってます。
ヒーターを入れておけば26~27度を保てているので。

真夏に隔離治療する時には温度管理に苦労しそうですねぇ。

 

次に白点がでるとしたら明後日か明々後日でしょうか?
毎日の処置と観察を注意深く続けていきます。

 

 

PS、

突然一人になってしまった本水槽のトロは、
さびしいのか不安なのか、カニハゼのやすけんにべったりです。

DSC_0544_R

DSC_0543_R

今日は朝からずーっとこんな感じでした。

 

・・・なんでしょう、この急激な距離の詰め方?
餌の時間以外はこんなに近づいた事なかったのに。

 

自分より大きなトロに、
すっかり懐かれてしまったやすけんは
ちょっと迷惑そうです。

 

何度も口を空けてくわっと威嚇してましたが、
トロは少し離れては直ぐ戻ってきて、
ず~っとやすけんにまとわりついてました。

 

今の所は噛みついたりはせず、
ふわーっと浮き上がってトロの腹びれのあたりを額でちょん、
と触る程度なので安心してみてられるんですが。

 

昨日驚かせてしまったので暫くは仕方がないですかねぇ(汗

イワさんの隔離は、
本水槽にいる子たちにとっても環境激変の様です。

 

 

↓↓↓ 参加してます。 ぽちっとして頂けると励みになります^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

スポンサードリンク

コメントを残す