カクレクマノミがポップアイになりました

外部フィルターのメンテナンスをした翌日。
カクレクマノミのトロがポップアイになってしまいました。

カクレクマノミ ポップアイ

 

ヨウ素殺菌ドームを入れて数日で白点病の初期症状は収まり、
その後は発症せずに元気だったんですが、
右目がぽっこり膨らんでしまって痛々しい姿に ><

 

ポップアイになってしまう原因は様々で、
底床に蓄まっていた窒素ガスが水中に流れ出して
窒素ガス濃度が一時的に上がって眼球の裏に溜まってしまったり、
寄生虫や細菌、雑菌のせいだったりするようです。

擦り傷が原因で起こる事もあるみたい。

 

でも今回はタイミング的に、
外部フィルターのメンテナンスが原因なのでしょうね。

 

外部フィルターを掃除した後に電源を入れると、
ホースやクーラーの中に付いていた汚れや苔なんかが、
水圧が変わった関係ではがれて水槽の中に戻ってしまいます。

 

今回はかなり汚れていたので、
電源を入れる前に細目ネットの捕獲網を置いておいて、
排出口から出てくる汚れをキャッチしてみたんですが、

細目ネットで外部フィルターから出てくるゴミをキャッチ1

細目ネットで外部フィルターから出てくるゴミをキャッチ2

細かい汚れや雑菌までは取り切れなかったのかもしれません。

 

ミクロサイズの雑菌などは無理かもしれませんが、
次回はウールマットでもつかってみようかな、と思います。

 

幸いなことにトロのポップアイは、
一部換水をして様子を見たら、
翌日には殆ど治っていました。

ポップアイが治ったカクレクマノミ

餌食いも良いですし、右目もちゃんと見えている様子。
ひとまずほっとしました。

 

直接的な原因が何だったのかは分かりませんが、
寄生虫が原因で起こるポップアイは再発する事もあるようなので、
引き続き経過を観察していこうと思います。

 

 

↓↓↓ 参加してます。 ぽちっとして頂けると励みになります^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

スポンサードリンク

コメントを残す