ホールドファストで珊瑚を補修してみた 使用感レビュー

ホールドファスト(水中固定剤)を使って、
千切れてしまった珊瑚を補修してみました。

 

掃除部隊たちの地味な乗っかり攻撃と
不安定な足場においたことで、
2つに千切れてしまったマメスナギンチャク。

2つに千切れたマメスナギンチャク

放置するとさらに崩れてしまいそうだったので、
水中ボンドや接着剤などのコーラルボンドでくっつけようかと考えていました。

 

しかし、
密かに参考にさせて頂いている先輩アクアリストさんが、
ホールドファストを使われている記事をたまたま拝見しまして^^

 

今の私に必要なのはこれだ~!と直感。
掃除部隊の増援と同時に購入しておきました。

 

ちなみにホールドファスト(水中固定剤)とは、、

・ライブロックやサンゴを固定できる
・流木や岩の固定にも便利
・生体には無害

という特徴を持った、
アクアリウムにも使える水中固定剤です。

 

使い方と注意点は、
取扱説明書をキャプチャーしたのでご覧ください。

ホールドファスト(水中固定剤)の取扱説明書 使い方
(クリックで拡大します)

 

練り合わせてから時間が経つと水中でも固まる粘土の様な商品で、
珊瑚をライブロックに固定したりする際に使えるようです。

早速使ってみました。

 

ホールドファスト(水中固定剤)の使用感レビュー

 

まず最初に、
千切れてしまったマメスナギンチャクを、
海水を入れたバケツに隔離しておきます。

千切れてしまったマメスナギンチャク

水槽から出してみると3つに千切れていました。

 

触ってみると
土台の枝状ライブロックが割れまくっているみたいで、
ぐにゃぐにゃした感触になっていました。

このまま放置していたら更にボロボロになっていたでしょう。

 

次にホールドファストを開封してみました。

ホールドファスト(水中固定剤)の商品の中身

商品の中身は紫色の棒状の個体です。
大きさは 直径23mm × 175mm ぐらいかな?

断面図はこんな感じ。

ホールドファスト の断面図

紫色と薄い灰色の2色の個体が棒状にされています。

 

2種類の薬剤を混ぜ合わせて使うタイプの、
水中ボンドやパテなんかと同じ感じなんじゃないかな?って思いました。

お値段の割に量は結構ありますね。

ホールドファストの固定剤を手でこねます

固定剤を必要な量だけ手でちぎり、よくこね合わせます。

 

「練り合わせてから7分程度で硬化が始まり30分程度で堅くなる」

 

取扱説明書にはそう記載されていたので、
5分ほど手でこねこねしました。

 

少し堅くなってきた気がしたので、
補修するマメスナギンチャクに固定剤をくっつけました。

マメスナに付けたホールドファスト

大きいマメスナの土台を包みこむような形で、
ホールドファストをくっつけて、
千切れたマメスナを乗せる為の土台を作ります。

 

この状態で水中に数分間放置しました。

 

触った感触がまた少し堅くなってきたので、
千切れたマメスナをホールドファストの上に乗せて、
包み込むように固定しました。

ホールドファストで補修したマメスナギンチャク

こんな感じです^^
うまい具合に固定する事が出来ました。

 

水槽に入れてみると、

開き始めたマメスナギンチャク

あっという間にポリプを開き始めました。

 

ホールドファストで土台の後ろに高さを出した分、
水槽前面からもマメスナのポリプが良く見えるように(^^♪

 

上から見ると、、

真上から見たマメスナギンチャク

こんな感じです。

ほぼイメージ通りの仕上がりになりました。

 

補修したばかりで開きがまばらですし、
固定剤の紫色部分が多少目立っていますが、
ポリプが増えれば目立たなくなってくれるでしょう。

 

接着剤の匂いは結構きついですが、
生体への影響は殆ど無いみたいですね。

 

数日様子をみてみましたが、
魚、貝、ヤドカリ、ソフトコーラル共に
何の影響も見られませんでした。

 

率直な感想ですけど、
ホールドファストの使用感は、
接着剤というより粘土です。

 

対象物同士を即座に接着するというより、

「対象物同士を包み込み、固めて固定する」

といった感じで使えば、上手い具合に使えそうです。

 

接着力はそれほどないので、
固まるまでは注意しないとはがれてくる事もあります。

 

固定して少し放置 → 再度補修 → 固まる迄繰り返し

 

という使い方ですね。

 

対象物同士を水槽内で即座にくっつけたい、という方は、
瞬間接着剤とかの方がいいんじゃないかな~?って感じました。

 

そもそも商品名が、

ホールドファスト(素早く固定させる)」 ですので、

接着力を求めるのが間違ってるのかもしれませんけど(汗

 

今回のケースのように、
珊瑚等を水槽外に出して補修したい場合には
もってこいの商品です。

 

水槽内の設置部分と珊瑚土台の隙間部分を、
ホールドファストで埋めて固定してしまえば、
サンゴを好きな方向にレイアウト出来るんじゃないかと。

 

アクアリウム用の水中ボンドや接着剤って、
やたらと高価で量も少ないのですが、
ホールドファストは非常にリーズナブルなのも嬉しいところ。

 

購入した珊瑚の土台が微妙で、
レイアウトが上手く決まらない

 

といった場合には特に、
好きな形に成型可能なホールドファストは、
非常に役立つ固定剤だと思います。

 

なかなか便利でした^^
1本持っておくと何かと重宝しそうですよ。

 

 

↓↓↓ 参加してます。 ぽちっとして頂けると励みになります^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

スポンサードリンク


コメントを残す