スポッテッドマンダリンのペアリング(混泳開始)

スポッテッドマンダリンのペアリングを目指し、
隔離ケースにいた新入りのメスを先住のオスがいる本水槽にリリースしました。

スポッテッドマンダリンのペアリング

 

新入りのメスの隔離ケース生活も3週間以上が経過しました。

餌付けも順調ですし、
先住のオスのチビ太が隔離ケースの周りをうろうろしまくっているので、
そろそろ本格的にお見合いさせようかと。

 

隔離ケース越しのスポッテッドマンダリンのオスとメス

 

オスのチビ太は暇さえあれば、
水面近くの隔離ケースまで泳いで行ってメスの近くでフワフワしています。

 

メスが隔離ケース越しにオスを突く仕草は相変わらずですが、
このまま時間を置いても状況は変わらないだろうと判断しました。

 

スポッテッドマンダリンのオスメス混泳を開始する前に
いくつかの準備をしておきました。

 

まず、立ち上げ時から居たイソスジモエビを、
サブのアクリルタンクへ移動させておきました。

 

以前にも書いたと思いますが、
スポッテッドマンダリンは遊泳型のエビが苦手のようです。

 

餌を食べようとしていると、
イソスジエビが後ろからぶわーっと覆いかぶさるようにマンダリンに近づくので、
ビビッて逃げまどってるんですよね。

 

毎日観察していると、
イソスジエビがマンダリンをからかっているように見えます(汗

 

オスメスを混泳させる上でエビの存在がストレスになりそうな気がしたので、
今やすっかり甲殻類水槽になってしまっているアクリルタンクへ移動させることにしました。

 

移動させたイソスジエビは先住のイソスジエビと仲良くやっていますよ。
こっちもペアになったりして?

 

それともう一つ。

 

新入りのメスの寝床用に、
オスの寝床とは別の場所のライブロックレプリカを底上げして、
新たな寝床を作成しておきました。

 

ライブロックの洞窟を作成

 

バブルディスクの後ろに身を隠せる洞窟を作ってみました。

 

前にスポッテッドマンダリンのペアを飼育していた時も、
初めて喧嘩になったのは消灯後でしたから、
気が合わなかった時に寝床を別にできるように配慮してみました。

 

混泳準備も整ったので、水中ポンプを止めた状態で、
新入りのメスを隔離ケースから本水槽にリリースしました!

 

スポッテッドマンダリンのメス 本水槽へリリース直後

 

リリース直後。
全身のヒレを広げて中層域に停止したまま水槽全体の様子を
キョロキョロと伺っていました。

 

 

ドキドキが止まらない様でトサカの上から移動しようとしませんw

 

先住のオスのチビ太は暫く存在に気付かなかったようで、
別の場所でフワフワ泳いでいたんですけど、

 

スポッテッドマンダリンのペア 混泳開始直後

 

メスの存在に気付いた途端にすっ飛んできました!

 

スポッテッドマンダリンのオスとメス 初顔合わせ

 

お互い顔を突き合わせた状態で、
全身のヒレをぶわっ!と広げて向かいあっています。
一触即発?

 

 

↓↓↓ 初顔合わせの様子を動画に撮ってみました!

 

 

この動画は大画面で見た方がわかりやすいかも。

 

動画を見てもらうと分かりますが、正に睨めっこ状態です。

これってスポッテッドマンダリン同士の挨拶なのかな~?

 

向かい合った状態でヒレを広げてみたり、
横に並んでみたり、その場でゆっくり回ってみたり。

中層に浮かんだままの状態で、
お互いぶわっ!とヒレを全開にした状態で睨みあっています。

 

タイミングを合わせるかのように、
何度も何度も2匹同時にヒレを全開にしていたのが印象的でしたね。

 

例えるなら淡水のベタのフレアリングに近いものがあるのかもしれません。

 

お互いの全身のヒレを見せ合ってオスメスの確認をしたり、
体の大きさを比べあっているように見えました。

 

意外だったのは隔離ケースの中では好戦的だったメスが
喧嘩を仕掛けなかったことです。

 

先住のオスが新入りのメスの横顔を何度か軽く小突いていましたけど、
メスからは一度も仕掛けようとはしませんでした。

 

家の相方さんと2人で水槽の前に座って、
この様子を固唾をのんで見守っていたんですけど、
中層域での2匹の睨めっこは10分ぐらい続いてましたね。

 

これは前回オスとメスを初めて混泳させた時には見れなかった様子です。
・・・うーん。興味深いですね。

 

しかし幸いなことに喧嘩には発展しませんでした^^

うし! 第一関門クリアーかな?

 

スポッテッドマンダリン同士の挨拶なのか、
上下関係を決めるための比べ合いなのかはわかりませんが、
ようやく2匹揃って底に降りたので揚水ポンプを稼働させました。

 

スポッテッドマンダリンのオスメス混泳開始

スポッテッドマンダリンのオスメス混泳開始直後

スポッテッドマンダリンのオスメス混泳 メスがオスに付いて回る

 

底に降りてからは、新入りのメスが、
先住のオスの後をずーっと付いて回っていました。

 

混泳開始から30分ぐらいたった頃に、
少し落ち着いてきた感があったので動画に撮ってみました。

 

↓↓↓

 

 

しかし、動画をご覧いただくと分かると思いますが、
・・・2匹の間に流れている緊張感が半端なかったです(汗

 

メスがオスの後に付いて回っているんですけど、
時々オスがメスに突っかかるんですよね~。

 

少し離れた所から急接近したと思ったらお互いヒレを広げて睨めっこ。
時々オスがメスの横顔を小突くんですよ。

 

その度にメスがヒレを広げたり、
オスに横っ腹を見せたりしながら敵意がないことをアピールしている様子が
健気で可愛かったですね^^

 

メスの呼吸が早いことからも、
まだまだ警戒が溶けていないことが分かります。

 

おそらくですけど、もしこの時メスが逃げ出していたら、
オスに追っかけられて噛みつかれてボコボコにされていたんじゃないかと。

 

そういう意味では隔離ケース越しのお見合い期間が長かったことが、
メスのコンディションを整える意味でも、オスの興奮を鎮める意味でも、
それなりに効果があったのかもしれません。

 

その後も数時間置きに様子を見ましたが、
初日はずっと2匹で行動していました。

 

オスが動けばメスが付いていく。
時々オスがメスに突っかかる。

 

ずーっとこの状態が続いていましたけど、
幸いなことに喧嘩には発展しませんでした^^

 

消灯後の様子を確認してみると、、、

 

スポッテッドマンダリンのペア 混泳初日 就寝時の様子

 

トサカの根本のライブロックのトンネルで2匹揃って就寝準備していましたw

 

ちなみにこのトンネルはCPFarmの三脚型ライブロックなんですけど、
ハタタテハゼのハタ坊も奥に入って毎日一緒に寝ています。

 

 

 

この隙間が小型魚には丁度良くて落ち着くのかもしれませんね。

 

照明消灯後の喧嘩もなし!

用意した寝床は無駄になりましたけど
一緒に寝てくれるならそれに越したことはありません♪

 

混泳初日はまずまずのスタートでしょうか。

 

スポッテッドマンダリンのペアリング、
ようやく本始動といった感じです^^

 

後は落ち着いてきたときに2匹の関係性がどうなるか?ですね~。

 

まずは1か月間、
喧嘩なしで過ごせればペアリングにも期待が持てそうかな。

引き続き経過を見守っていきます。

 

 

↓↓↓ 参加してます。 ぽちっとして頂けると励みになります^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

スポンサードリンク

4件のコメント

  • MASA

    ばんわ
    マンダリン、とてもいい感じですね。
    よほど気に入らないことが起こらない限りうまくいくと思います
    底物は、いれた瞬間に喧嘩してしまって殺すまでいってしまうので、喧嘩にならない時点でほぼ大丈夫ではないでしょうか

    なんかまきさんは、マンダリンといい出会いがあるんでしょうねえ。
    普通なかなかペア作れるいい出会いはないですよ
    うらやましいです

    ベビーまでは、贅沢な願いになるかもしれませんが、見てみたいものです

    頑張ってください

    • まき

      MASAさん、こんばんわ^^

      良さそうな子に出会うまで半年ぐらい探しましたからねー。
      今のところは上手くいきそうな感じなのでこのままペアになってほしい所です。

      オスメスの混泳自体は、
      餌付けでコンディション整えて、お見合いさせて、
      一つ一つステップを踏んでいけば相当気が合わない限りは
      いけると思うのですが、長期的なペア飼育となると、
      個体同士の相性の良さと外部要因が原因のストレスがないことが大事になりそうな気がしますねぇ。

      ベビーは中々難しそうですが、産卵は見てみたいなーと思いますね^^
      まずは1か月、喧嘩が起きないように願って見守ります。

  • おはようございます!

    マンダリンのペアリング、山は越えたようですね〜
    良かった良かった〜

    このままいい雰囲気が続けば良いですね〜

    ウチはペアリングどころか餌付けもままならぬ・・・・
    嗚呼いつかはリベンジしたい・・・・

    • まき

      ムコタマさん、こんばんわ^^

      いやー、どうですかねぇ? 
      前のペアも数か月経ってから喧嘩しましたから何とも言えないですが、
      このまま上手くいけばいいなぁ、と。
      いるのが当たり前というか、空気みたいな関係になれば長続きするとおもうんですが^^

      マンダリンはそれほど泳ぎ回らないので、
      水槽内に設置した隔離ケースでの餌付けがやりやすいと思いますよ。
      一旦水槽内にリリースしちゃうと
      餌付けは運任せになってしまうかもしれませんねぇ。

コメントを残す