アツムシロガイの開封・水合わせ・水槽導入時の様子

アツムシロガイの開封・水合わせと水槽導入時の様子です。

アツムシロガイ

 

購入先はチャーム楽天市場店です。

体長は1.5cmほど。
開封時には輸送用の袋の中で活発に動いていました。

 

温度合わせはいつものように、
水槽温度に合わせた海水を入れたクーラーボックスで
30分ほどかけて行いました。

 

次にバケツに移して水合わせスタート。

水合わせ中のアツムシロガイ

水合わせ中も元気に動きまくっていました。
ぴょこんと飛び出した触角と2つの小さな目がチャーミングですね^^

 

そして移動スピードが、
・・・めちゃくちゃ早いです(汗

 

アツムシロガイってこんなに早く動くの?
家の水槽にいる貝の中では間違いなく最速かと思われます。

 

40分ほどかけてじっくり水合わせした後に水槽に入れました。

水槽導入直後のアツムシロガイ

・・・すると、、

砂に潜るアツムシロガイ

あっという間に砂に潜っていきました(゜o゜)

 

・・・早い、早すぎる(汗
慌てて動画を撮ってみましたよ。

 

 

・水槽に入れた直後に砂に潜る
・カクレクマノミに餌と間違えられてつつかれる

 

水槽に入れた瞬間から、
他の方のレビュー通りの様子を見られて、
一人密かに爆笑でしたw

飼育経験者さんのレビューはやっぱり参考になりますね^^

 

水槽に入れてから完全に砂に潜るまでに掛った時間は、
3分ぐらいだったと思います。

 

んー、これは確かに隠れキャラ的存在ですね。
観賞用の貝とは言えなそうです。

 

・・・しかしこのアツムシロガイ、
残餌処理能力は非常に高そうです。

 

カニハゼ君の為に底床に餌を撒いた瞬間、
砂の中からのっそり出てきて、
餌に向かってまっしぐらに動き出しました。

残り餌を処理するアツムシロガイ

食事中のカニハゼ君の背後に迫るアツムシロガイ。

 

アツムシロガイの嗅覚と移動スピードはかなり凄い。
底床に落ちている餌に向かってまっしぐらに迫っていきます。

 

そして、バクバク餌を食べてます。
残餌処理係としてはすこぶる優秀かもしれません。

ガラス面に上るアツムシロガイ

ガラス面に付いた餌も残さず食べます。
この口で舐めとるように食べるんですね。

 

そしてお腹が一杯になると、
あっという間に砂に潜って姿を見せなくなります^^

 

カニハゼ君はエラでこし取るようにして餌を食べるので、
小さな食べかすが砂の中に散らばるんですよね。

 

砂の中にもぐりこんでしまった残餌を、
優れた嗅覚で見つけ出して処理してくれるアツムシロガイは
中々相性がいいのかもしれません。

 

ただ、サイズが小さいので、
1匹だと能力的には足りないかも。

 

3匹セットでも良かったかな~。
暫く様子をみてから増員すべきか検討しようと思います。

 

観賞用とは言い難い貝かもしれませんが、
掃除能力は高そうですし、
個人的には、仕事人っぽくて結構好きですw

 

大きくならなくて普段は目立たないし、
砂に潜るので底床の攪拌にもなりますし、
残餌処理係としてはかなり優秀な貝だと感じました。

 

今後の活躍に期待大の新人くんですね^^

 

 

↓↓↓ 参加してます。 ぽちっとして頂けると励みになります^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

スポンサードリンク

コメントを残す