海水魚飼育のメイン水槽サイズと設備を考えてみた

まきです。

海水熱帯魚魚飼育の必要設備について調べてみた所で、
我が家のメイン水槽サイズと設備について考えてみる事にしました。

→ 初心者にお勧めの海水熱帯魚飼育設備の指標-まとめ

初心者にお勧めの理想的な水槽サイズは60cm以上の中~大型サイズ。
ろ過システムはオーバーフロー+プロテインスキマー+水温調整。

・・・ではあるのですが、
我が家の場合、ちょっと実現できそうもありません(汗

というのも賃貸マンションですので、
そんなに大きな水槽を置くスペースがありません。

そしてろ過システムのオーバーフロー。

こちらもスペースや音の問題で却下かなぁ?
設備を大がかりにした際の維持コストも気になる所です。

生体の健康が第一である事は間違いないのですが、
初めから無理だと分かり切ってる事を勢いでやってしまい、
維持出来ない方が問題ある気がするので。

我が家で水槽を置けそうな場所と言えば、
リビングか、私の仕事用デスクが置いてある部屋。

必然的に、
その2つの場所における水槽サイズに限定されそうです。

場所は私の仕事用の部屋に決定するとして、
問題は水槽サイズ。

45×30×35ぐらいのサイズにしようかと思ったのですが、
そこまで行くなら
何とかしてスペースを確保して60サイズにした方がいいんじゃない?

というのが本音。。

となると、思い切って小型水槽にしようかな。

せっかく仕事部屋に置くんだから、
仕事の合間にも観賞出来るようにしたい物ですね。

第一候補は30cmのキューブ型水槽かな?

30cm四方ならスペースも十分取れそう。
デスクの横に置くか、背面の壁に設置するか。。

・・・うん。
具体的に考えてみると段々イメージが湧いてきました。

もう少しリサーチして煮詰めてみたいと思います。

↓↓↓ 参加してます。 ぽちっとして頂けると励みになります^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

スポンサードリンク

コメントを残す