ハナビラタカラガイの水槽導入時の様子

まきです。

ハナビラタカラガイが届きましたので、
水合わせから水槽導入時までの様子をご紹介します。

到着直後のハナビラタカラガイ

購入先はチャーム楽天市場店です。

届いた個体は2.5mほど。
思ったより大きくてしっかりした個体でした。

温度合わせはクーラーボックスにヒーターを入れて行いました。

クーラーボックスで温度合わせ中

30分ほどかけて温度合わせを行った後に、
今度はバケツに移して水合わせです。

ハナビラタカラガイ スカンクシュリンプ スカーレットハーミットクラブ 水合わせ中

輸送時の水を3分の1ほどに減らした後に、
ヒーターで温度維持をしながら、
サイフォンの原理で水槽の水をポタポタ垂らして行いました。

ハナビラタカラガイは、
輸送用の袋にぴったりくっついてしまっていたので、
袋の周囲を切り取ってそのままバケツに投入しています。

40分ほど水合わせを行った後に、
元気に動いているのを確認し、水槽に導入しました。

今度は水合わせのバケツにくっついていましたが、
バケツと貝の間にビニールの切れ端を入れて優しく刺激を与えてみると、
みるみる内に触手が貝の中に入っていき、ポロっと簡単に取れましたよ。

水槽導入直後のハナビラタカラガイの様子

水槽に入れた直後のハナビラタカラガイの写真です。

暫く様子を見ていると、
5分も経たないうちに触手が出てきて動き始めました。

ハナビラタカラガイの移動スピードは思いのほか早いです(汗

スマホで動画をとってみましたので、
宜しかったら見てみてくださいね。

日中は外膜に覆われてじっとしていることが多いそうですが、
移動中のハナビラタイラガイは貝殻が見えて綺麗です^^

思ったより大きくて活発な個体でした.

これならコケ取りも期待が出来そうかな?

↓↓↓ 参加してます。 ぽちっとして頂けると励みになります^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

スポンサードリンク

コメントを残す