ライブロックのコケ取り掃除部隊が到着-開封と水合わせ

まきです。
ライブロックのコケ取り掃除部隊が到着しました。

ライブロック コケ取り掃除部隊がチャームから到着

輸送箱を開封して生体の状態を確認しました

 

今回購入したのは、

・ハナビラタカラガイ × 1
・スカーレットリーフハーミットクラブ × 1
・スカンクシュリンプ × 1

チャーム楽天市場店の生体輸送用梱包箱

購入先はチャーム楽天市場店です。

さっそく開封して生体の状態を確認していきます。

ハナビラタカラガイ スカンクシュリンプ スカーレットハーミットクラブ が入った袋

毎度のことですが、チャームさんの生体輸送は丁寧です^^

ハナビラタカラガイ、スカンクシュリンプ、スカーレットリーフハーミットクラブが、種類ごとに別々の袋に入れられており、
2Lほどの海水と活性炭が入った状態で送られてきました。

到着直後の生体の状態を確認していきます。

到着直後のハナビラタカラガイ

ハナビラタカラガイは触手を出して動いていました。
思っていたより結構大きい。 状態は良さそうです。

到着直後のスカンクシュリンプ

スカンクシュリンプはネットにつかまっていました。
ひげや足なども全く欠けていません。
とても綺麗で状態も良さそうなエビです。

到着直後のスカーレットリーフハーミットクラブ

スカーレットリーフハーミットクラブもネットにぴったり。
赤い足を出したり引っ込めたりしながら動いています。
小さな目と触角がカワイイ。 あまり動きませんが状態は良さそうです。

3体とも死着は有りませんでした。
12時前後に到着したので輸送時間も短くて状態が良さそうです。

温度合わせと水合わせ

 

次に温度合わせをしていきます。

袋ごと水槽に浮かべるのが普通のやり方みたいですが、
我が家の水槽は30cmキューブハイタイプ。

チャームさんの輸送袋は、
生体のコンディションを維持する為に非常に大きいので、
とてもじゃないですが水槽の中には浮かべられません。

・・・小型水槽ならではの悩みですね^^

カクレクマノミを水合わせした際にも、
温度合わせで苦労をしたのを覚えていたので
クーラーボックスに水とヒーターを入れて準備しておきました。

クーラーボックスで温度合わせ中

水槽の温度と生体の入った水の温度を同じするのが
温度合わせの目的ですから。

要は、水温さえ同じに出来ればいいので、
小さな水槽に無理やり入れる必要はないですよね。

小型水槽での温度合わせはこのやり方が楽です^^
次回からもこの方法で行おうと思います。

40分ほどかけてゆっくり温度合わせをした後に、
水合わせを行いました。

ハナビラタカラガイ スカンクシュリンプ スカーレットハーミットクラブ 水合わせ中

袋からバケツに移動して水を3分の1ほどに減らした後に、
ヒーターで温度維持をしながら、
サイフォンの原理で水槽の水をポタポタ垂らして行いました。

バケツの水が2倍になった時点でまた半分にして、
さらに水槽の水を入れていき、
40分~1時間以上かけてじっくりやりました。

 

3体とも特に問題なさそうだったので、

1、ハナビラタカラガイ
2、スカーレットリーフハーミットクラブ
3、スカンクシュリンプ

の順番で水槽に入れていきました。

 

水槽に入れた直後の
それぞれの様子については別途記事にします。

 

水槽立ち上げから約1カ月。

水槽立ち上げから約1カ月 茶ゴケと藻に覆われてしまったライブロック

茶ゴケと藻におおわれてしまったライブロックですが、
この3匹を投入したことで、どれだけ改善されるのでしょうか?

それぞれのコケ取り能力については、
暫く様子をみてから記事にしてみようと思います。

 

 

↓↓↓ 参加してます。 ぽちっとして頂けると励みになります^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

スポンサードリンク

コメントを残す