カニハゼ飼育3日目の様子まとめ

カニハゼ飼育開始から3日目の様子です。

カニハゼ飼育3日目

 

朝から元気に活動を開始していました。

昨日は水槽の後ろ方面を中心に底床をハミハミしていましたが、
今日は前方面を中心に食事をしています。

 

今のところ病気などの発症は無い様で、
スレや傷などもなく綺麗な状態を保てています。

巣穴作りに忙しそうなカニハゼ君ですが、
カクレクマノミ達の関心も少し薄れてきたようで、
行動範囲はぐっと広がった様に感じます。

 

・・・あ、そうそう。
そういえば嬉しいニュースが。

 

3日目にして初めて、
カニハゼ君がう○こをしているのを確認しました^^

 

色は白かったので、
メガバイトレッドは食べてないかもしれませんが、
とりあえず何かを食べているみたいでほっとしました。

このままの状態で1週間ぐらい、
病気を発症せずに乗り越える事が出来れば、
残る問題は餌付けだけとなりそうです。

 

カニハゼの餌付け状況

 

1日目の夜から、
冷凍ホワイトシュリンプとメガバイトレッドS粒を混ぜた物を
底床に撒く形で餌付けを続けていました。

しかしホワイトシュリンプは、
3日目になっても全く食べるそぶりがありません。

口に入った瞬間に砂と一緒にべっと吐き出しているので、
明らかに餌と思ってないですね。

ホワイトシュリンプをよく食べるのは、
マガキ貝とスカーレットリーフハーミットクラブだけなので、
このまま続けてもいたずらに水を汚すだけになるな、と判断。

 

そこで3日目の夜から、
メガバイトレッドS粒だけに切り替えました。

消灯1時間前に、
いつもより多めのメガバイトを海水でふやかし、
カニハゼ君の近くにスポイトで撒いてみると、、、

くるっと方向を変えてメガバイトが落ちている場所に近づき、
ばくばくっと口に含め始めました。

 

うぉ! メガバイトごと砂を口に含んでる!

 

明らかに今までとは違う反応でした(^_^)

 

そのままがぶがぶ行ってくれ~!と、
息を殺して見守っていたのですがここで事件発生。

 

底に落ちている餌には全く興味を示さなかった
カクレクマノミのトロが、
美味しそうなメガバイトの存在に気づいてしまったのです(汗

 

すーっと近づいてきて、
カワハギかベラのように器用に立ち泳ぎをして
餌をついばみ始めちゃった。

その様子に脅威を感じたのか、
カニハゼ君はその場を去っていってしまいました。

 

あああ、何やってんだよトロ。
もうちょっとだったのにー ><

 

その後は、
マガキ貝のサンカクとスカーレットリーフのダイソン君も寄ってきて、
その1角だけがちょっとしたお祭り状態に(汗

 

カニハゼ君に気づかせようとして、
餌を1か所に多めに撒いたのが失敗でした。

本水槽で餌付けする時には、
こういうことにも注意しないといけないんですね。。

既存のタンクメイトの注意を引きつけておく工夫が必要かも。

 

メガバイトレッドS粒は、
口に含む事に抵抗がないようなので、
明日以降も継続して与え続けていく事にします。

 

カニハゼ飼育3日目の様子まとめ

 

飼育開始から3日がすぎましたが、
カニハゼ君の様子は落ち着いているようです。

今の所は病気も出ていないようですし、
元気よくハミハミしてます。

ただ、カクレクマノミの2匹が、
体がかゆそうな仕草を見せていました。

以前も底床を触って3日目ぐらいに
同じ仕草を見せていたので、白点の初期症状かな?と。

カクレクマノミの2匹には、
餌をたっぷり与えて自然治癒して貰いたいところ。

 

夜はずーっと巣作りを行っていたカニハゼ君。

そろそろ餌付いてほしいところです。

 

 

↓↓↓ 参加してます。 ぽちっとして頂けると励みになります^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

スポンサードリンク

コメントを残す